木造大規模施設事業 木造大規模施設事業

木造大規模施設事業

木造大規模施設事業

耐震性と可変性、木造の木の香りのする工法

大断面工法を採用した、中・大規模施設における木造のご提案です。
鉄骨造と変わらない耐震性と可変性、それでいて木造の木の香りを活かせる、今後の社会が求める工法です。

鉄骨よりも木造は軽く相対的に荷重が軽くなるため、基礎や地盤改良においてコスト削減が可能です。
特に医療・福祉施設、店舗、事務所において、社会的な姿勢、内外装のデザインで同業他社を差別化できます。

木造大規模施設事業

同業他社と差別化可能な4つの理由

01

社会が求める低炭素な
木材という構造体。
解体後までを考える
自社の姿勢をPR

社会が求める低炭素な木材という構造体。解体後までを考える自社の姿勢をPR

02

木という誰もが落ち着く雰囲気
デザインで統一し、
おもてなしの姿勢をPR

木という誰もが落ち着く雰囲気デザインで統一し、おもてなしの姿勢をPR

03

高断熱高気密に向いた構造体。
住宅と変わらぬ性能にすることで、夏涼しく冬暖かい職場は充分福利厚生の一環です。
社員第一の姿勢をPRし採用でも優位に。

高断熱高気密に向いた構造体。住宅と変わらぬ性能にすることで、夏涼しく冬暖かい職場は充分福利厚生の一環です。社員第一の姿勢をPRし採用でも優位に。

04

鉄骨造と変わらぬ耐震性と可変性でありながら、軽量な構造体。
基礎と地盤改良で建設コストに差が出ます。
イニシャルコストを抑え、次の投資への負担を軽減します。

鉄骨造と変わらぬ耐震性と可変性でありながら、軽量な構造体。基礎と地盤改良で建設コストに差が出ます。イニシャルコストを抑え、次の投資への負担を軽減します。

本社はこの工法で建設し、
ショールームとしてご覧いただけるようにしています。 

2018年3月に埼玉県から
経営革新計画の承認を頂きました。

テーマは、大規模木造建築による法人需要開拓と
体験型ショールーム 「子だもたちが憧れるウッドオフィス」の開設です。

埼玉県からも承認を受けた計画で、
今後の木造化社会における御社の差別化とコスト削減を手助けします。

WORKS

木造大規模施設事業